無料カタログダウンロード無料お見積り・ご相談フォーム
ガルバリウム鋼板の材料・耐久性について
ガルバリウム鋼板の材料・耐久性について

ガルバリウム鋼板は、55%のアルミと43.4%の亜鉛が混じり合った一つの合金めっき層を持つ鋼板です。

一般的に使用されている亜鉛めっき鋼板に比べ3倍~6倍の耐久性をもっています。

この合金めっき層の特徴は、亜鉛が自ら溶け出し錆から守る「犠牲防食」を示し、一方、アルミは表面に「酸化被膜」を作り錆から守ることです。

ガルバリウム鋼板には、この2つの作用が一体となり、亜鉛の犠牲防食作用とアルミからできる酸化生成物の凝縮性により、切断端面や表面の傷を覆うことで錆から守る「自己修復作用」が働きます。

また、合金めっき層は、通常の亜鉛めっきとは異なり、急速に失われることがなく、「犠牲防食」と「自己修復作用」がバランスよく発揮されることで高い防錆性能を有する鋼板です。

注意事項としては、鉛および銅と接触すると電食作用が生じ、錆が発生することです。よって、これらの金属との接触にはご注意下さい。

JAPAN倉庫では、このガルバリウム鋼板を屋根材と外壁材に使用しています。

無料相談会実施中です
カタログダウンロード

北海道の工場建築・倉庫建築プロ集団

北海道でNO.1を目指す倉庫建築プロ集団